子供の成長と記録、Wordpressでのサイト作りなどを綴る、主婦のブログ

プラレール「ゴードン」の配線修理をしました。

うちのチビが最近
「ゴードン動くようにして!!!」と言いますので。

配線ぶった切れるまで
ほおり投げてたのはお前なんだぞー
と思いつつ、深夜に修理いたしました。

01ゴードンの修理

この写真でも判りますが・・・
結構ハードな使い方されてます。

我が家にあるのは
だいぶ昔に発売されていたトーマスシリーズのゴードンなので
(従姉妹からお下がりで、いただいたのです)

※この記事は以前のサイトからの移転記事に
 加筆と修正を加えたものになります。

スポンサーリンク


配線修理といってもハンダごてが使えれば十分修理可能です。

まず、中に入っている配線と同じくらいの太さを
ホームセンターで購入してきておきます。
本当はちゃんと色も揃えたかったんですが、
ちかくのホームセンターでは緑しかなかったのでそれを使用。

次に、プラスドライバーで外装を開けます。
外装を開けてみるとこんな感じ。

02ゴードンの修理

赤と青の配線が見事にプツンと切れてます。

ハンダごてとニッパーで古い配線を外して
新しい配線を装着するだけで修理ができます。

03ゴードンの修理

この時、ゴードンの電池ユニットである貨車部分の連結部品には
簡単に配線が切れないように配線を通す部分があるのですが
深夜作業だったこともあり
うっかり忘れてそのままつないでしまいました・・・。

04ゴードンの修理
外装部分を装着した後の写真です。

写真で見るとよく分かる話なんですが
中央部分のぽこんと膨らんだ連結部分に
配線を通しておかなければならなかったみたいです。

以上で、見事復活してくれました!!!

作業時間は寝ぼけまなこでやってたこともあり
道具を取り出すところから、片付けまで込みで
1時間半くらいの作業でした。

そして次の日
「修理できたよー」とチビに渡したところ。

「ん、ありがと。」と一言。
お母さんとしては~・・・
もうちょっとリアクションが欲しかったなー!!!

そうそう。
深夜のハンダ付け作業は、
手元とか暗いと危険を伴うしヤケド等注意が必要です・・・。

実際、私もスイッチ周りのプラスチックを少し溶かしてしまいました。
なので作業には十分気をつけて行うとよいと思います。

※2014年6月4日 修理後の様子を更新しました。

スポンサーリンク